小倉織・縞縞

小倉織とは

「小倉織」は、江戸時代初期から、
豊前小倉藩(福岡県北九州市)で 袴や帯などとして織られ
多用した経糸が色のリズムを生み 立体感あふれるたて縞が特徴です。

かの 徳川家康も愛用した 丈夫で、しなやかな質感の木綿布。
日本全国で珍重されていました。

明治時代、文明開化の波のなか
男子の学生服として霜降りの小倉織が新たに全国に拡がりました。
しかし残念なことに、戦時下の昭和初期、途絶えてしまいます。

それから数十年後、
染織家築城則子氏が偶然に出会った 小さな布の断片から
二年近くの試行錯誤を繰り返し 一九八四年に復元され、
現代の布として再生しました。

縞縞とは

伝統ある小倉織の特徴を継承し つくり出した広巾の布。
丈夫で美しいたて縞を活かしながら 新しい時代の「小倉織」として
誕生したブランドが 「縞縞SHIMA-SHIMA」です。

テキスタイルデザイナーは、小倉織を復元した築城則子氏。

手織りにない広巾の可能性にも 取り組み追求するなかで
新たな世界の扉が開きました。


小倉織 縞縞 ブランドサイト (http://shima-shima.jp/)

縞縞の品について

縞縞の品は、糸を染め生地を織るところから、縫製・加工に至るまですべてを「日本国内」で行っています。

織布工場の職人が、染織家築城則子の作成した「縞割表」どおりに染糸をセッティングし、細心の注意を払って生地を織り上げます。
そうして出来た上質な小倉織を丁寧に縫製し、より身近に、様々なシーンでお使い頂ける品に仕立てました。

小倉織縞縞の制作工程イメージ

お取扱いについて

小倉織は、厳選した綿100%の素材を使用していますが、水洗いすると多少収縮することがあります。
軽い汚れは、柔らかいブラシや乾いた布で落として下さい。
※タンブラー乾燥は避けて下さい。

お取扱いについて

PVC(塩化ビニール樹脂)加工布製品について
小倉織生地に防水加工を施すことにより、水や汚れに強くなっていますが、熱・高温に弱い素材です。
シンナーなど、揮発性のあるもので拭かないで下さい。

皮革製品について
皮革には上質の鞣しを施しています。
その為、摩擦や水に濡れると色落ちします。素材の風合いをそこなう恐れがありますので、十分ご注意下さい。
雨などで水に濡れた場合は、乾いた柔らかい布で軽く押すように水分を拭き取り、陰干ししてから保管して下さい。

合成皮革製品について
熱、高温に弱い素材です。
シンナーなど、揮発性のあるもので拭かないで下さい。水洗いをしないで下さい。
軽い汚れは、柔らかいブラシや乾いた布で落として下さい。


お取扱いについて・商品イメージ
ギフト・特集一覧 ふろしきの包み方
 ゃ潟

ご利用ガイド

オフィシャルサイト